今までになかった自然素材のドッグフード

獣医さんが選んだ100以上の素材から生まれた自然食

給与量と注意点

愛犬に与える際の注意点


『自然百彩』は、お肉とミックスして使用する

栄養補完食です。


今のドッグフードから徐々の移行をおすすめします。


移行の際の注意点

最初は、お肉及び内臓は加熱した物を与え、約一週間程度の時間をかけ、徐々に生肉にしていきます。

『自然百彩』は加熱していないので素材の酵素がそのまま生きています。
加熱したお肉と内臓に、そのまま混ぜて与えてください。

いま使用しているドッグフードからは

毎日10%ぐらいづつ割合を増やし、10日ぐらいかけて移行することをおすすめします。



1日の給与量の目安

 1日の愛犬食の基本は、体重の3%の重さが全量。

 その内訳は、   

画像の説明
  • 60%が骨付き肉(ミンチしたもの)
  • 10%が内臓(ミンチしたもの)
  • 30%が『自然百彩』

 但し、年齢や運動量、体型によって比率は変わってきます。




 例)体重10Kgの成犬(1歳〜6歳)の場合

画像の説明

  1日の全量 300g 

  • 骨付き肉 180g(ミンチしたもの)
  • 内臓 30g(ミンチしたもの)
  • 『自然百彩』90g




離乳から成長するまでの若齢犬は、全体的に全量を2倍〜20%増量します。


シニア犬は、骨付き肉と『自然百彩』を半々にするとよいでしょう。

  • 骨付き肉(ミンチしたもの)45%
  • 内臓(ミンチしたもの)10%
  • 『自然百彩』45%

獣医の先生からの一言アドバイス

どうしても完全に生食へ切り替えることに抵抗があるようなら、現在のフードに『自然百彩』スプーン1杯を混ぜて与えることからはじめて下さい。
それでも犬にとってはとても良いのですよ。体調の違いが出ます。


『自然百彩』は、冷凍でお届けしています。

愛犬に与える前に、冷蔵庫内で自然解凍させてください。

解凍後は他の容器に移し、冷蔵庫内で保管し、早めにご使用下さい。


            画像の説明 300g/2,800円(消費税別)      
       
                 
                 

    

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional